あこ日和(日常系)

日常(・株・不妊治療・節約etc…)をつづります

不妊治療しようとしたら脳腫瘍かもと言われた件・・。

最近やっと落ち着いてきて

ブログ何かこうかな・・・

まぁここはメインはお金💰関係でなにかblogかけることがあるなら書きたいなぁと思っていました。

けれど・・・だいぶ脱線します…

 

私は昔からとある婦人系の病気で産婦人科に通っていて

もとから”妊娠しにくい身体”ではあると言われていました。

 

そしてなんだかんだあって

今の旦那と出会い、結婚して、

そろそろ三十路を迎えるとのことだったのでそろそろ子どもほしいかなぁ・・・とか思っていました。

 

もとからピル(低用量)を飲んでいたのですが、

診察する2か月くらいまえからやめて、自然妊娠するのかなぁ・・・?

とか思っていたらまず、

生理がこない・・・笑

(ってか笑えないんだけど…。)

ってな状況でした。

 

それで産婦人科いってこようかなぁ~

めんどくさいなぁ~とかおもっていつもごろごろしていたら、

 

市のほうから子宮がん検診のお知らせが届いたので、

これを期に、すごく重たかったお尻をあげていくことにしました。

 

子宮頸がんはまぁ大丈夫そうだったのですが・・・

一つ問題がでてきました。

それは子宮の層が薄いと言われました。

 

子宮の層がうすいということは

女性ホルモンがうまくできていない。

とのことでした。

 

それから”ピルをやめたら生理がこなくなった”ことや、

”できればこどもを生みたい”ということを伝えました。

 

そしたら今のままでは赤ちゃんが極めてできにくいこと。

そして一回生理中に血液検査をしてからこれからのビジョンを一緒に考えようという提案をしてくださったので、それを了承していったん帰りました。

 

生理がこないので一応女性ホルモン剤を投与してもうことにしました。

(ひさびさに毎日飲むくすりがでたのですっごくめんどくさかったです。)

(最後の5日間なんて毎食後飲まないといけないので

ものすごく苦労しました・・・笑)

 

それから生理がきたので

血液検査をしに産婦人科に向かいました。

(すごく注射苦手なのでガクブル・・・)

(っというか右腕の血管がみえなさすぎて左腕に替えられた)

 

無事?血を抜かれまして

結果まで一週間まつことに・・・(´・ω・`)

 

 

そして一週間後・・・・

なんと女性ホルモンが正常のひとよりもまぁすくないこと。。。笑

”黄体化ホルモン”と”卵胞刺激ホルモン”がものすごーく少ない

といわれ

”プロラクチン”がものすごーく多い

とのことでした。

 

最初ははぁ・・・そうですか~どうすればいいんですかね~

みたいなまぁ楽天的な感じやったんですけど

 

「もしかしたら下垂体腺腫だからMRI受けてね」って。

うぇ????

”下垂体腺腫”??????

 

「下垂体腺腫は一種の脳腫瘍だよ(ニッコリ」

うぇぇぇぇ?????

脳腫瘍?

 

すこしパニックになりながらおうちに帰りました。

 

とりあえず近々MRI受けてきますのでお楽しみに~★

 

ブログランキング・にほんブログ村へ