あこ日和

そこらへんの一般人のつぶやき

短大生 前編【ネットにハマる女】

f:id:anxchu:20191026210338j:plain

 

さて今回は短大生からすらすらと書いていきます。

 

華の女子大生をやめてニート生活であきあきしていたので、

個別塾に通い短大生になることになりました。

 

でも実は短大生のときもあまりニート生活と変わらない生活をしていました。

あと短大生になる4か月前から友達からバイト先を紹介されてバイトもすることになりました。

 

f:id:anxchu:20191028215813j:plain

 

 

 

一番自由だったかもしれない短大生活

バイト先はまぁファーストフード店で土日に3時間~4時間入る程度だったのでそれほど支障はありませんでした。

 

短大の生活も1年生から無駄に講義内容、曜日を確認していたせいで

平日のどこか丸々1日講義がないという日もつくったので生活的には満足だったのかもしれません。

 

そしてネットやゲームにもハマりにハマって、バイトもしているおかげで

ゲームに課金をたまにするようになるくらいにはハマっていました。

 

元カレ浮上

短大の時もそうでしたが、元カレと連絡をまだとりあっていた時でしたので、

本当に年に2~3回ほどあってカラオケでフェラさせられてたこともありました。

 

多分元カレとそういう関係が短大卒業くらいまでだったかなと思います。

いつも曖昧ポコポコですみません。

 

グループ

あと最初は後輩に誘われてネットの1つのグループによく参加通話をさせてもらったのですが、そこから後輩には内緒でひそかに違うグループとかにも誘われたりしておしゃべりしたり、みんなでゲームをしながら通話を楽しんでいることもありました。

 
こえ部って知ってる?
koebu
使用言語 日本語
タイプ 音声投稿コミュニティ
運営者 株式会社koebu
設立者 カヤック
設立日 2007年12月12日[1]
現状 サービス終了

こえ部(こえぶ)は、株式会社koebuが運営する音声専門のコミュニティサイト。2007年にカヤックが開設し、2014年にサイバーエージェントに譲渡され同社子会社になった[2]

こえ部では会員(ユーザー)がセリフや詩を吹き込み録音して投稿し他の会員の声を再生することができ、会員同士で声への評価を競い合う[3]。基本機能は無料、一部機能は月額540円の使用料がかかる[4][5]

中学生高校生のユーザーが多く[6]、アニメファンや声優志望者に使われている[3]

2016年9月30日、サービス終了。

 

これ知ってるかたいますかね?

あと無料でそのサイトの中で会話ができたり、チャットが送れる機能があって

グループ通話していた1人がそれをやっていて

面白そうだからサイトに登録して遊んでたら

グループが出来上がった感じでした。

 

そこからその後輩とは紹介していたグループにちょっとだけいるものの、

大部分はその出来上がったグループでゲームしてたりしてました。

 

  • 対決‼猫戦車
  • おえかきの森

この2つともう一つあってのですが忘れちゃった…

これとてもおもしろいのでお誘い待ってますね…笑

 

それでそのグループからまたいろんな人が来たり出ていったり…を繰り返していました。

またそこで仲良くなった人とオフ会する?みたいな話もちらちらと出てきました。

f:id:anxchu:20191208223658j:plain

 

 

個人通話はエロ通話になる不思議

なぜかグループ終わった後にSkypeからフレンド申請みたいなものが届くのですけど、

そのあとによくチャットで「後で個通(二人きりで通話)しませんか?」

というものがよく届きました。

 

下ネタが多い通話

なぜかその個通に誘ってくださるのは男性だけでした。

というか、グループに入ってくれる方も基本男性。

あ、別にオタサーの姫とかないので安心してほしい所存です。

 

そこでだいたい通話のネタが

「何歳?」「何カップ?」「彼氏いるの?」

とかばっかりでした。

 

私は当時19歳でDカップでした←

(今は25歳Gカップです)

 

その情報をありのままに伝える

(別にカップサイズとかなんとも思ってなかったので?)

「どこ住み?ラインしたいな」

という。このよくありがちなワードをだしてくるわけですよね。

 

男の人は全員そんな奴らしかいねぇのか?

とも思ったその時でした。

 

伏線

こんな短大生でも暇人ですからよくそのときは高校に何回かおじゃまさせてもらってました。

それででてくるのが…例の人。

実はこの時からよく高校から私の最寄りの駅まで送ってくださってました。

まさかこの行為とSkypeのチャットで変な道にすすんでいくことはまだしらず。

 

そんなこんやを過ごすとやってきてしまったのが

短大生2年目。

卒業の年でもありますし、就職活動の年でもありました。

 

結果からいうと私は就職活動途中で放棄してフリーターになりました。

なので次回はフリータ生活。

 

ここからもまたどんどんとキャラが変わったり、

生活も変わります。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。